大音量でも気にならない!防音室で趣味に没頭しよう

作業員

ご近所トラブルを回避

住まいに防音工事を施すことで、ご近所との不要な騒音トラブルを回避することができます。特に楽器を演奏する方は、自由なタイミングで練習することができるのが大きなメリットです。例えばピアノを演奏するための防音工事なら、4.5畳で200万円前後で済むケースが大半です。導入後は家の資産価値も上がります。

女の人

防音グッズの使い方

近隣住民を気にすることなく生活するためには、防音対策が必要です。窓や壁などに防音対策をすることで、音を気にせず快適に過ごすことができるでしょう。また、予算に合わせた防音対策もあるので確認しておくとよいです。

防音をして音を楽しむ

作業着の人

防音の仕組み

大音量で音を楽しみたい場合には、周囲に迷惑にならないように配慮する必要があります。しかし、マンションや密集した住宅地の場合には、制約も多くその場合には部屋を防音室とする必要があります。防音室は音を遮る壁を作ることですが仕組みとしては遮音、吸音、制振の3種類があります。遮音は文字通り音を遮断するもので完全に隙間のない部屋を作ることです。このさいに壁が質量があり重たいものほど外部に音を伝えるのを防ぐことができます。一方で吸音は、音を吸収することで音が響くのを避けることができますし、制振は建物が振動しにくくすることで、音の伝わりを抑えることができます。一般に防音室と呼ばれるものは、遮音、吸音、制振の3つを複合的に組み合わせて作ったものになります。防音室を作る場合には、専門の業者に依頼して部屋そのものを防音室にしてもらう方法と、1坪ほどの大きさの防音ボックスを室内に持ち込み設置する方法があります。またDIYでも防音性のある内壁を作ることでも作ることができます。マンションなどの場合には部屋を改造するのが難しいので防音ボックスを利用するのが一般的です。いずれの場合も基本的な仕組みとしては遮音と制振のある壁を作るもので、出入口も密閉することで音が外部に出るのを防ぐというものです。またただ遮音するだけでは音が反響してしまうので、内側には吸音する材質の壁を貼ることで、反響を防ぎクリアな音を楽しむことができます。